Diary    Clip    Mobile    Info.    Table  
Img_984316c1713037add375511a426e4902
<ホフ マイエツィト Hof Maiezyt 8/6~11>



 旅の最後はスイスの山にある農場ホフ マイエツィット Hof Maiezyt  (Click!) を訪ねました。沢山の人がスイスと聞いて目に浮かぶ風景そのままの、ハプケルンHabkern (Click!) という村の外れにあります。



 標高1200mほどのこのアルムは、さながらハイジの世界。夏の今は、牛やヤギなどの殆どの家畜がもっと上で放牧されていて、カランコロンとカウベルの音が小さく届いてきます。友人であり、牛の師匠であるロベちゃんとウラ(Robert+Ulla)は、朗らかで働き者。温かく迎えてくれました。
 ホフ・マイエツィットには、他にも経営の大黒柱ウヴェUweとゲストハウス係のイザベルIsabelle、事務係シュテファンStefan、ロベちゃんと共に農業に携わる若者たちのトーマスThomasとマウロMauroが働いています。伝統あるこの地方の農業・牧畜ですが、このメンバーは今年春からこのホフを引き継いだ新しいグループです。興味深い理念と計画で、新しい形の農業経営共同体づくりを実践しています。いずれ、その取り組みも紹介してみたいです。

 穏やかで美しい風景の中で、人々の生活は、本当に大忙しです。特にアルムの山は冬のための干し草作りの真っ最中。晴れた日には誰もが草原に出て、朝から晩まで働き通しです。



 ↑「明日は雨だから!」と、本当にハードワークだった1日。集中して干し草を集めたり積み込んだりと、同じ作業を繰り返しました。秋から大学生のタンニャTanjaと私は超素人。二人とも急斜面なのにスニーカーというヤバい足下で、必死に皆のお手伝いをしていました。タンニャは靴を途中で放り出し、私はなんとか放り出さず。開始から6時間経った時、全員、集中力も体力もぷつっと糸が切れたように思えたのに、そこから持ち直してからの働きは本当にすごかったです。全ての干し草を運び終えた時には23時を過ぎていました。仕事時間も仕事量も尋常じゃないと思うけど、これがここの人たちの日常。どの国でも大地に根ざして働く人たちの力は計り知れず……。感心することと感動すること、学ぶことが本当に多かったです。

 この日、最後まで乗り切って、結局かなり楽しかったです。働いているうちに、とてつもない連帯感が生まれて、不思議だけど、ずっと前からみんなのことを知っていたんではないかという気持ちさえしてきました。
Img_cf7ea4109fbcc5fab16df54e30d487b0
晴れた日は、特別美しい草原。
Img_9b350d349736cb4ee6fe3c8d9babb2b6
Tiroler Grauvieh ティローラー・グラオフィーは小さくて元気。急斜面も勢い良く歩けるタフな子たち。



 滞在している間中、助けが必要な場所で一緒に働かせてもらって、体を動かしたり、牛と戯れたり、笑ったりしているうちに、心も体もどんどん洗濯されていった気がします。すっきり!!沢山元気を貰った時間でした。

 来年の夏もまた行きたいなあ。
Img_6595c8d75f65d5382bbac8c072334cff
スイスの観光地、インターラーケンからは車で15分。Bio(有機)食材を使った美味しい食事も魅力です。
Img_73db169cc590925bc3122212ae26c45b
田舎が好きな人、観光地以外に泊まりたい人には特におすすめ
Guest house 宿泊、おすすめです!
個人や団体での宿泊が出来ます。 (Click!) 
(主に英語・ドイツ語・フランス語対応)
ネット予約 >>  (Click!) 

◇楽しい人たちが迎えてくれます。(写真左から)
Robert ロベルト(ドイツ)時折、胸ポケットから裸のパンを取り出してむしゃむしゃ食べてる。スマート見えて、ムキムキマッチョ。
Mauro マウロ(スイス)冗談が言えるタイプのスイス人。動物たちと相思相愛。鉱物オタクで色々な国を歩いて採集しているみたい。
Uwe ウヴェ(ドイツ)頭はキレキレなのに、ゾウみたいなおだやかさ。ものが壊れると「幸せが来る」って笑っている。
Isabelle イザベル(スイス)物怖じしなくて愛情深くてコロコロと気持ちが変わって見ていて飽きない。きっといくつになっても少女なんだろうな。
Thomas トーマス(オーストリア)アイデアがぽんぽん浮かんできて、新しい提案をして、すぐ実行する。面白調理家電を沢山持っててうける。
Ulla ウラ(ドイツ)明るくて優しくて懐が深い。なんでも出来るスーパーウーマン。料理が最高に上手。パンとチーズとヨーグルトが絶品!
Stefan シュテファン(ドイツ)事務仕事専門でほぼ中にいるので、このメンバー唯ー、夏なのに白い。焼けたいらしい。電話を取る素早さが神レベル。

◇shop>>  (Click!) 
Img_bacf3db2f7d2d671c2c20329537f9054
Img_eb9df8dc733981e6656103c79bf5b376
Img_9c494594a254587e44eff4070dd257fa
Img_949a3daf13a7fdd1f22cd8dcd7d9a756
Img_58cf97a9de6059d72fcdeceb28763b40
Img_0a37e5be99b026251052aab98ed2101e
<旅の友>
 今回のベストオブ旅の友は、ダントツでiPhoneでした。逆に持ってなかったらと思ったら、ぞっとします。出発前の航空券の手配に始まり、現地では時刻の確認、目覚まし、Line・Watsapp・Messenger・メール・電話での連絡、カメラ・ビデオでの記録撮影、懐中電灯などなど、本当に大活躍。日本ではゆるめにスケジュールを組んでいて、現地で細部を決めて行く旅だったので、思いついた時にサクサク調べて動くことができて最高でした。人に訊いたり、infoで調べたりする一手間が省けるのは、旅のストレスを少なくしてくれて、行き当たりばったり派の私にはとっても楽だったなと思います。
 "DB Navigator"ドイツ鉄道のアプリは (Click!)  かなりおすすめです。(独語と英語の表示が可能です。)乗り換えが丁寧に記されていて、発着ホームの番号も教えてくれます。目的地までの停車駅を時刻も含めて細かく見ることが出来、知らないところに行く時でも、車内で今どの辺りを走っているのかを知ることが出来て便利です。ドイツ国内のSバーン、路面電車、バスにも対応していて、小さなバス停まで時刻を検索できました。地図と連動しているのも有り難かったです。また、しばしば遅延して乗り継ぎにハラハラするドイツ鉄道。乗車中の電車が遅れてると分かっても、降車ギリギリの車内放送で、あまり丁寧でないお知らせを聞いて乗り継ぎ情報を得るという疲れる方法でなくても、今や手元で遅延情報や次の乗り継ぎ時刻等が自分のペースで確認できるのです。遅れてもストレスフリーだったのは初めてでした。それから、今回は使わなかった機能ですが、乗車券も買えるようです。この旅で一番使ったアプリでした。


<終わりに>
 ちょこちょこと書き足していった夏の旅の記録も、一旦これでおしまいです。 (こんな少しのことなのに、終えるまでに20日もかかってしまっているのはなぜだ。)
 今まで(行く時からもう帰ることを考えているくらい)あまり旅が好きではなかったけれど、今回で完全に旅の魅力に取り付かれてしまいました。特に、旧友に会えた嬉しさと、新しく気の合う友達ができた喜びと、お気に入りの場所を見つけられた楽しさが大きかったからだと思います。それから、自分が快適な旅のスタイルが少し分かったような気がするのが、旅を好きだと思えた理由かもしれません。

 帰国して、苦手な荷解きの間に、本棚から「世界しあわせ紀行」を取って来て、再読を始めました。アメリカ人ジャーナリストのエリック・ワイナーの旅エッセイです。(原文と邦訳の表紙が違いすぎる。笑)人々の生活の描写にシニカルさとユーモラスさが溢れていて、楽しい一冊です。そこに“スイス”が書かれてあったことを思い出して手に取ったのです。スイスの章の副題は「幸せは退屈」。帰国間際にローザンヌから来ているマウロが、自国スイスの堅苦しさにうんざりする話をしてくれていたばかりだったので、余計に面白くて、大笑いしたのでした。


 そうやって旅を振り返りながら、また旅に出たいと思える、嬉しい後味に浸っている今日この頃です。
 Ciao, ciao!
 2週間半のドイツ・スイスの旅から帰ってきました。内5日間ほどは仕事をして、その前後に休暇を取って、友人を訪ねました。

<旅の始まり 7/26>
 関空からアムステルダムを経由してチューリッヒ(スイス)へ。ドイツの別の場所に向かう同僚と、アムスまで一緒でした。飛行機がとっても空いていて、二人で3席を使えて「心地いいね、息が出来るねえ」とリラックス。ご飯が美味しくて、ぐっすり眠れて(前日準備で寝てなかったからなあ)、なんとも快適な空の旅でした。
 アムス・スキポール空港内の変化には驚きです。乗り継ぎがすっきり分かりやすくて、人もやわらかくて、何度も使った気に入っている空港。でも、4年ぶりの今回はちょっと勝手が違いました。建物内を様々に新しくしているようで、工事中の場所もあります。
 手荷物検査はかなり厳重になっていて、最新の機械に入って全身をスキャンされました。なにこれ!ドキドキしまくって、ほとんど覚えていません。あ、写真も撮られていたかも。係員の背の高さと無愛想さも相まって威圧感抜群です。ツアー旅行中の様な日本人の高齢の方が検査にひっかかっていて、色々言われていました。聞いているだけで心臓ぎゅーです。
 反対に、その後の入国審査のお兄さんたちは雑談して笑いまくってる。私にもゆるゆる。「お〜、休暇で来てるの?いいねえ。」「誰をたずねるの?」「どれくらい?」「何が楽しみだい?」みたいなお気楽ラリーが。ああ、この感じこの感じ、と懐かしくなったし気も緩んだしで、笑ってしまいました。おしまいに両手で指差されて「楽しんで〜、いえーい」で、ヨーロッパに突入したのでした。ダンキュウ


Img_70b321f117599f34942b24de42c43bdb
大好きKLM。前半分がオレンジの珍しい機体でした。iPhoneアプリも滞在中にオレンジにリニューアルされています。オリンピック中だからオレンジ押し(ナショナルカラー)なのなかな?
Img_54d9f2662e46dfe03a3d442fcf7fcf38
窓の外はいつまでもロシア。その規模に圧倒されます。8時間上空を飛んでいるとか。
Img_bde7acf97f1762adc828977397e1d6af
クラッカーのパッケージがキュート!
Img_6283d8ede2f77ddc60c5fbf7f4ae7790
食堂では美味しいご飯がしっかりでます。パクチー入りの野菜煮込みが最高に美味しかったな。休憩にはケーキやフルーツも毎回たっぷり。よく食べたなあ。
Img_e4b929d15a36e81a16f80b709548b811
食堂では美味しいご飯がしっかりでます。パクチー入りの野菜煮込みが最高に美味しかったな。休憩にはケーキやフルーツも毎回たっぷり。よく食べたなあ。
Img_dac5149a14b84d01bb96167eaf118902
仕事が終わってカフェに。www.maxims-mannheim.de ホームページのダサさとは裏腹に、とてもオシャレな食べ物が出てきます。しかも美味しい!
<エンゲンにて 7/26〜29>
 チューリッヒから最初の目的地エンゲン (Click!) までは、電車でゴー。夕暮れの明かりの中で懐かしい畑の風景が見えて、車窓をたっぷり楽しみました。21時台の明るいうちに着けたので、ちょとほっ。暗いと心細かっただろうな。
 宿はImpulshaus Engen (Click!) 。以前私が暮らしていたところですが、今は違う組織になり、建物も正にリニューアル中です。ゲストルームには団体でも個人でも泊まることができます。(朝食付きで37ユーロ〜。ユースホステルくらいかな。)当時の職員も数人いるので再会が楽しみでした。その子どもたちとは(毎日よく遊んだなあ……)10年以上前に別れたっきり。プリティ幼稚園児 (Click!)  がもうティーンエイジャーです。すっかり私の背は追い越していて、ていうか、超大きくなっていて(190くらいあるんじゃないかな)「彼女がいるんだよー」ですってよ、奥さん。ほえーっ
 私にとってのドイツの母、ユキコさん (Click!) とその御一家とも会うことができました。お久しぶりです!お元気そうで嬉しいなあ。お孫ちゃんも誕生していて、超キュートでメロメロ〜。お昼ご飯を頂いた後は、ユキコさん、お子さんのスージー&コニーと懐かしのゲーム大会。一時は毎週末のようにしていたのです。新しいボードゲームを教わりました。『街コロ (Click!) 』という日本生まれのゲームです。(早速日本版買っちゃったよ!)とっても楽しくて、時間を忘れて思わず長居してしまいました。ありがとうございます!



<仕事のこと 7/29〜8/2>
 マンハイム (Click!) での仕事は、朝8時前から夜8時半までみっちり。ぎゅうぎゅう詰め込んであって、タイトだけど、実りの多い時間でした。新しい良い出会いがあり、学生時代のクラスメイトとの再会もあり、心温まる瞬間も沢山あって、元気を貰いました。
 それにしても、ドイツ人は本当によく語ります。一人一人の主張強っ!そして人の言葉に被せに被せてヒートアップ。……この雰囲気をすっかり忘れていた私。1日目は議論の熱に終始押されてくたくたでした。ええ、か弱く萎えていたのではなくね、毒吐いてましたとも。まじ“自分自分”で喋り過ぎで疲れる。2日目は夕食後、時差ぼけで眠気が。居眠りはしなかったけれど(頑張った)弾丸トークに疲れきって、もう殆ど脳みそが働かなくて、宿では撃沈でした。3日目からは体調が万全で、かなり楽しくなってきました。皆、慣れて来たからか、意見の主張から離れて、会話が軽やかになって来たのにも助けられました。その日の午後には、グループの雰囲気がとても良くなって、相変わらず熱いけれど、共同作業がしやすくなってきました。結果的に、本当にいいチームワークで、解散が名残惜しいくらいでした。歌や笑いに溢れて、皆最後はかなりリラックス。30人強のグループだったのですが、経験を積んだ人もいれば、若者たちもいて、色々な視点が混ざり合って、とても勉強になったし楽しかったです。
<えりかとりょうちゃん 8/2〜8/5>
 電車を乗り次いで、えりか (Click!) とりょうちゃんの住むヴッパータール (Click!) 、デュッセルドルフ (Click!) へと北上しました。私たち三人は同い年。ドイツで知り合った楽しい友人たちです。二人は小学生からの幼なじみで、中・高も一緒だったとか。ドイツに来て15年、今でも隣町に住んでいます。(縁が濃い!)
 私がえりかと初めて会ったのは2000年の夏。渡独して間もなく仲良くなりました。出会った瞬間のことを鮮明に覚えています。ぴょこぴょこ弾みながらスーツケースをひいて、えへへと笑ってたなあ。それから共に過ごしたのは1年ほど。一緒にいない期間の方が断然長いのに、いつも近くに感じる存在です。
 えりかはとってもしなやかです。頑張っているのに力んでいない、力が抜けているの力強いのは、なんでだろう。大変な経験をしてきているのに、驚く程悲哀がありません。(色気もない。)奥さんになっても、お母さんになってもいつまでも「えりか」のまんまです。“自然体”の天才だなあ。そんなえりかといるのは、とっても気持ちよくて、楽で、大好きです。
 今回の再会は4年ぶり。長らく会っていなくても、いつも会った瞬間から、昨日も会っていたかのように錯覚します。滞在の様子はえりかがブログに書いてくれています。>> (Click!) 子どもたちが相変わらす可愛くて面白くて、一緒に遊んで沢山笑ったなあ。えりかと街をぶらぶらしたのもとても楽しかったです。北欧っぽいキッチュな服屋で試着しまくって、がはははは。この後北欧に家族旅行をするえりかと、この旅行の直前に片桐はいりの面白北欧旅エッセイを読んでいた私。馬鹿笑いしながら、もたいまさこになりきって超ハッピー。(そんなに可愛く着こなせない。)中年の大騒ぎ、失礼しました。

 えりか宅に2泊させてもらって、次の日はえりかファミリーと共にりょうちゃんちにお邪魔しました。
 りょうちゃんはえりかを通じて知り合って、年月を重ねる程、どんどん近い存在になってきています。今春に会って以来の再会です。私の職場とりょうちゃんの旦那さんのご実家は同じ市内。(旦那さんに会う前に、先にご両親にご挨拶してしまったよ!)帰省の折りに、お茶をしたり、職場にも遊びに来てもらったりしました。繊細さと大胆さが可愛いりょうちゃん。何か自然と会う機会が増えていて、これからもっと縁が深まっていくんだろうなと嬉しく思っています。
 さて、楽しい遊び部屋のあるりょうちゃんちで、子どもたちは大はしゃぎです。一人っ子のおみあちゃん(りょうちゃんの娘)は、ハナルナ(えりかの娘)についてまわって、ずっとお姉さんの真似をして嬉しそう。遊び上手のハナ、ひっかきまわすアマ、そのゴタゴタに加わりたいちびっ子ニコ。面白すぎ。みんな本当に可愛いな。
 楽しそうに遊んでいる子どもの声を聞きながら、大人は大人で大声で騒がしい。りょうちゃんが「でた、おばちゃん!」て何度も言ってたな。あはは。
 出会った頃は、まだ二十代だった私たち。いつまでも一緒に大笑いしてきたいな。えりか、りょうちゃん、ありがとう。またね。
Img_13a0e69bc2c154bfe6890b685445d6f4
えりかの息子アマデウスとニコ。アマくんに、だまってたら福山雅治だよ、と言いくるめているところ。どうしても吹き出してしまい、でろでろ笑い。ラブリー
Img_0697935ba5dbcfb712f6c779426cec18
ハナルナが描いてくれた私。ボーダーは必須なんだって。的を射てる。
Img_b49f74430a51f2ec938499c657ff4a0d
ピナ・バウシュ行きつけカフェ
<スーに会いに行く 8/5・6>
 再び南ドイツへ。フランスとスイスとの国境近くにあるとてもとても小さくて、美しい村Zunzingen (Click!) を訪ねました。学生時代の同級生、スーSueに会うためです。(当時に撮った好きな写真>> (Click!) )機動力抜群の彼女が巻き込んでくれて、二人でプロジェクトをしたことでとても仲良くなりました。とっても筆まめで、卒業してからも沢山手紙を送ってくれています。考えたら行動するという力に溢れる姿から学ぶことは多いです。そんなスーですが、現在療養中。大分良くなったのよ、ということだけど、やっぱりまだ本調子ではない様子。週の半分は畑の手伝いをして過ごしているとのことでした。畑の向こうには馬・ヤギ・豚などがのんびり過ごしていて、とっても可愛いです。近くに住んでいるクリスティーネChristineも来てくれて、ぶどう畑の脇道をしばらく散歩をしました。あ、しばらくって、2時間半。ザ・ドイツ人の散歩です。お土産に山盛りの、本当に大量のクルミをくれました。以前この散歩道で拾ったものよ、だって。スーが早く良くなりますように。
Img_6b4ff901d44c6fccdf3acfb85dfcf91d
ヤギと豚が仲良く過ごしています。
Img_0689d819dde17e339fbc666ce585f1d4
広がるぶどう畑。ワイン用だそうです。
(長くなったので、一旦区切ります。)